FC2ブログ

automoon.lab

造形全般やっていますaml craftです

KDX220SR オイルポンプ気が済んだ

KDXシリーズ
125
200
220
250
何故か
220SRだけオイルラインが専用品
しかもすでに廃盤
オイルチェクバルブ一体なんで(分解は可能)
漏れテルっぽいのに…
しょうがないので
オイルチェックバルブは
全部共通だったから
IMG_20190614_225550~01
主にKDX125用の部品でオイルライン変更してやった
125の部品もそろそろやばいんじゃないかな
220SRはアクセルワイヤーさえ廃盤だから
買ってきたインナーワイヤーで引きなおしてやったぜ
今後の再販とか期待できるのかな?>
IMG_20190614_225532~01
新品でドキドキするけど
IMG_20190614_225525_1~01
分離給油のニップルも削り出しで装着

あとのセッティングは
おれのビビリミッターがカットできるかどうかだな

OTK

スポンサーサイト



  1. 2019/06/14(金) 23:17:13|
  2. とあるKDX220SR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KDX220SR オイルポンプの改造

色々測ると
?って寸法でまいった
ポンヅケだと
30mmまでしか引けないでやんの何故か最初わからんかった
35Φキャブ引ききるのに43mmストロークぐらい要るんだわ
たぶんワイヤーのたわみや伸びのせい
KDX220SR純正分岐ワイヤそのままだとたるみが多くて引ききれない
要加工でアジャスターではまかなえないからタチが悪い
んで
アクセルワイヤー加工して35Φ引くと
オイルポンプ引ききるのになんと
…44mm要るという
おう…
さっきの86度は嘘だ90度だった
んで
44mm引くには
プーリー内径で24.2R必要と解った
んで
純正
18.5R…その差半径で5.7mm
ちなみにクランクケースとの隙間5.5mm
うんヤバイね
IMG_20190609_194938~01
アルミから削り出すのはちょっと置いといて
ギリギリ延長加工してみようと同心円を足していきます
純正同様プレスで作ってます
どうやって作ったかは悩んでみましょう
IMG_20190609_200623~01
こんな感じです全部溶接する必要は無いのでちょいちょい
IMG_20190609_205339~01
形になりましたね
IMG_20190609_205715~01
ぎろちーん
IMG_20190609_205732~01
当たってますね
プーリーはまじめに作ったの削っても脱線しないので削ればOKです
IMG_20190609_213038~01
マークと揃ってほぼ計算通りですね
オイルポンプ側分岐ワイヤーは逆に足らなくなったのでアウターをチョイ詰めて
ワイヤ固定部が位相しちゃったので位置変更すればファイナルアンサー
個人で付けたらまともにつかんだろうなこれ
ちなみにラフ&ロードのポン付けキットってやつです
電話して質問攻めしてみたが必要な答えは出てこなかったので
残念である

OTK

  1. 2019/06/09(日) 22:15:58|
  2. とあるKDX220SR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

KDX220SR オイルポンプの怪異

2サイクルエンジンは
潤滑用のオイルをキャブから滴下してるんだけど
オイル供給量はキャブレターの開度に追従してますねん
IMG_20190608_224033~01
オイルポンプギア回して
IMG_20190608_224103~01~01
コイツの中のポンプを回します
ワイヤープーリーの全開から全閉まで86度90度
ワイヤーストローク約33mm分
キャブレター径は28Φなので
ちょっと誤差ありますね
遊びがあるんで初動は遅れそうですが
アイドリングでもオイルは出ていますし
全開合わせなので問題ないのでしょう
さて
このプーリー90度は28Φキャブ設計です
もし
28Φより大きなキャブ30Φはギリギリかな
32Φだったらオイルポンプ全開が閉鎖の方向へ向かいます
ストッパー削れば35Φまで引けるんじゃね?と
一瞬思いますが閉鎖の方向へ向かいます
噛む山
イメージだと
プーリーがカム山の向きを制御していて
ストローク量がオイル供給量大小と同じです
全閉時は山高でストロークを減らし
全開時は山低でストロークを増やし
更に回してしまうと減るのが解ると思います
実際は楕円型のカム山なので
角度はイメージです
なんでストッパー削っては駄目ですね
んで
まぁ今回35Φのキャブ入れるので

全開固定か
ローからオイル濃いぜダルイゼもたつくぜ

初期ダルダルで全開だけ合わすか
低中速度域でオイル足んなくて戻し焼くぜ

プーリー改造か
コレしかないんじゃね
90度で44mm分引けるように改造します
大プーリー化です

ということです念

はぁ
たいへんだこりゃ
KDXシリーズまたアドレスV100とかも同じ構造なので
デカイキャブに変える時は要注意ですね

OTK

  1. 2019/06/09(日) 00:52:03|
  2. とあるKDX220SR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紆余曲折

あとあと整備しやすいように
40261766_2068873720092866_1553117743975235584_n.jpg
電装プレート移植したり
出っ張ったりしてると上手くないので丁度良いところに
IMG_20180827_180738~01
フロントマスクがしっかりマウントできるようにフィッティング
マスクもステーを改造して純正風に
IMG_20180826_213335~02
ナックルガードのロゴマークシールの下にネジ孔だけど
シールを切るのって抵抗があるね

KDX220SR倒立化

SND

OTK

  1. 2018/08/28(火) 22:31:54|
  2. とあるKDX220SR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ならざるや

どっこい
ボルトオンとはいかず
修正しながら持っていく
39941030_2067622636884641_444748918677307392_n.jpg
ジャマなので切りたかっただけなのだが
切ると
40089818_2067622693551302_5835339127523901440_n.jpg
肉薄だったり
40039793_2067622736884631_4442253067588468736_n.jpg
削ったときに足らないなど
40038831_2067622713551300_1087933001536372736_n.jpg
見越してグリグリ溶接
IMG_20180825_183723~01
これでメーターは解決
IMG_20180825_183657~01
亜地位

OTK

  1. 2018/08/26(日) 12:46:17|
  2. とあるKDX220SR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

automoon

Author:automoon
aml craft
エーエムエルクラフト
木路秋高
溶接 各種金属加工
製作 修理等承ります
埼玉県川口市江戸袋
1-21-2
TEL&FAX
048-282-2255
MAIL
automoon.lab.craft☆gmail.com
☆→@へ
ホームページ
http://amlcraft.web.fc2.com/
営業時間 9時~19時
お越しの際はご連絡ください
日曜 祝日お休み
事前にご連絡いただければ
休日でも対応いたします

脳内放送

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (21)
アドレス110 (15)
なにこれ? (6)
最近買った物 (28)
模型 (6)
行ってきた (12)
制作 (4)
工具 (10)
とある工場 (836)
とあるお仕事 (66)
とあるサイドスタンド (51)
とあるNSR150 (30)
とあるXR (17)
とあるジャイロ (10)
とあるGPZ750 (32)
とあるサニトラ (6)
とあるFTR223 (4)
とあるKSR (6)
とあるXLR (21)
豆知識? (7)
メールファームの御利用方法 (3)
とあるサンドブラスト (2)
とあるGSX-R600 (2)
とあるガソリンタンク (21)
とあるKSR1.5 (23)
とあるRX (18)
とあるKDX220SR (7)
アニメ (11)
とあるギア (22)
エンジン修理 (4)
そんなアナタはアフリカツイン (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR